サイボウズ株式会社様

サイボウズ株式会社様ではユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームの Microsoft Lync で、パソコン用ヘッドセットおよびスピーカーフォンをご使用頂いております。 今回はインタビュー形式にて、運用本部 情報システム部の鶴村様(東京本社)と松平様(松山オフィス)にお話をお伺いいたします。
(※ 松平様には、松山オフィスより Microsoft Lyncと SP 20 ML スピーカーフォン経由でお話をお伺いしております。)

- 御社のどのような場面で Microsoft Lync およびゼンハイザー製品を使用されているのでしょうか?

鶴村様:
遠隔拠点との打ち合わせの場面で使用しています。当社は現在東京拠点を始めとして国内 4 拠点及び、アジア・アメリカなど海外 4 拠点のオフィスが存在します。その中で、日常のちょっとした打ち合わせや、エンジニアチームの開発会議で Microsoft Lync およびゼンハイザー製品を使用しています。
また、最近では在宅勤務や、採用面接といった場面でも使用する機会が増えてきました。

- 在宅勤務ですか?

鶴村様:
はい。弊社のワークスタイルのキーワードの一つに「多様な働き方」があります。それに基づき場所を問わずチームワークを発揮して仕事が出来るシステム・環境を用意することが情報システム部のミッションです。
そのため、Microsoft Lync を通じて在宅勤務ができる環境を整えています。

松平様:
私もペットの体調が悪い時に、在宅勤務に切り替え Microsoft Lync を使ってミーティングに参加したことがあります。

- Microsoft Lync 以外のビデオ会議システムなどは導入していないでしょうか?

鶴村様:
他のシステムも使用していますが、最近弊社の拠点数が多くなっているので、全部の拠点に VPN を用意してビデオ会議システムを導入することがコスト面でも難しくなっています。
なので、手軽に利用できる Microsoft Lync は大変重宝しています。

- 確かに、御社は国内外に多数の拠点がありますよね。

鶴村様:
実際にアメリカオフィスは社員数が多くなく、いわゆるシェアオフィスで業務をしていますが、副社長が在籍しており社内の役員会議では、PC にゼンハイザーのスピーカーフォンを接続して Microsoft Lync にて会議に参加しています。

- ゼンハイザー製品を採用頂いた背景を教えて下さい。

鶴村様:
もともとウェブカメラに付属していたヘッドセットや、ノート PC 付属のマイクスピーカーで会議をしていましたが、音質が悪いので再度検討することになり、ゼンハイザーを含めて何社かピックアップして比較をしました。
ゼンハイザーを採用した理由は、音質が非常にクリアな点と周りの音を遮断するノイズキャンセル機能がポイントで採用しました。

松平様:
実際に、今私がいる松山オフィスでは、私の席の横にコールセンター部門が併設されていますが、周囲の雑音などは聞こえますか?

- 確かに、あまり聞こえませんね

- 実際にゼンハイザー製品を導入してみて、いかがでしたでしょうか?

鶴村様:
もともとゼンハイザー製品を採用する前は、ウェブ会議の音質が悪くコミュニケーションが上手く取れないこともありましたが、ゼンハイザー製品を使用すると音質が明瞭に聞こえるので、ストレスなく会議ができるようになりました。

松平様:
正直開発メンバーは大きい声でしゃべる社員ばかりではないのですが、音質が良いため、社員の自席から小さい声でボソボソつぶやいている感じ会議に参加してもスムーズに通話ができるようになりました。
以前は「えっ?」「えっ?」と聞き返えすことも多く、音が聞こえにくいだけで喧嘩になることもありました。(笑)
ゼンハイザー製品を採用したことで、Microsoft Lync を使用する頻度が増えました。

- 個別の製品についてお聞きしたいのですが、ヘッドセット(片耳:SC 30 USB ML, 両耳:SC 60 USB ML)についてはいかがでしょうか?

鶴村様:
片耳、両耳を好みに応じて配布しています。
例えば、複数人いる場所で使用することが多いという理由で片耳を採用したり、 話に没頭したいという理由で両耳を採用したり様々です。

- スピーカーフォン(SP 20 ML)についてはいかがでしょうか?

鶴村様:
iPhone などのスマートフォンに有線で接続してすぐに使用できる点が非常に高評価です。
他社の Bluetooth 製品の場合、ペアリングをする際にトラブルが発生することがあるので、ミーティングだと使用しにくい場合があります。
情報システム部門としては、トラブルが少なく社員のサポートが楽な点で非常に助かっています。
また、軽量である点も好評です。

- 最後に、やはりコミュニケーションを取る上で「音質」が良いのは重要でしょうか?

鶴村様:
はい、非常に重要です。

松平様:
重要ですね。音質が良くなっただけで松山と東京との距離感が縮まった感じがします。

- ありがとうございました。今後ともゼンハイザー製品をよろしくお願い致します。

導入製品
会社情報

サイボウズ株式会社は、1997年の設立当初から Web 技術で使えるコラボレーションツールを開発し、今では主力商品「kintone」を始め、国内グループウェア市場ではトップシェアを維持しています。
同社は現在、日本一から世界一を目指し、製品の国際化とグローバル市場への販売を進めています。
またインターネット上でサービスを提供するクラウド・コンピューティングに事業領域を広げ、2011年秋には、基盤から自社で設計・開発したクラウドサービス「cybozu.com」をリリースしました。

 

サイボウズ株式会社
URL: http://cybozu.co.jp/