ゼンハイザーについて

ゼンハイザーロゴ

ゼンハイザーについて

ゼンハイザー(Sennheiser electronic GmbH & Co. KG)は第二次世界大戦後間もない1945年にドイツで、技術者であり大学教授でもあったフリッツ・ゼンハイザー博士によって創立されました。創業 当時から、「パーフェクト・サウンド」をコンセプトに、マイクロホンやヘッドホンといったオーディオ機器を世に送り続けてきました。 

ゼンハイザーのマイクロホンは、世界中の劇場、コンサートホール、放送局、映画の撮影現場、収録スタジオなど、日本でも多くのシーンにて使用されております。また、非常に高音質のため、国内外問わず多くのミュージシャンにご愛用いただいております。 

一般オーディオ市場においても、高音質ヘッドホン/イヤホンブランドとして確固たる地位を築いています。”The pursuit of Perfect Sound” “完璧な音への追求”これがゼンハイザーの企業理理念です。 

ゼンハイザーは常に”完璧な音”をお客様に届けることに努力し続けています。その結果70年に渡り、プロオーディオ業界のトップであり続けています。

 

 

ゼンハイザーコミュニケーションズについて

2003年、ゼンハイザーのグループ会社として、ゼンハイザー及び、デンマークの補聴器メーカー、ウイリアムデマントホールディング(William Demant Holding)社との合弁会社としてゼンハイザーコミュニケーションズ(Sennheiser Communications)が誕生しました。 

オフィス・コールセンター向けヘッドセットや、スピーカーフォンなどの音声コミュニケーション製品を開発・販売することを目的として設立され、日本国内では2005年より販売を開始し、これまで多くの企業様での導入実績がございます。 

音声コミュニケーション製品の開発・販売会社として、他社にはない大きな特徴として【長年に渡り入出力双方のデバイスを専門に開発・販売し続けてきたノウハウと実績】があります。このバックグラウンドがあるからこそ、高いクオリティの製品をお客様に提供することが可能です。