ゼンハイザー

ゼンハイザーコミュニケーションズ(ゼンコム)について

ゼンハイザーコミュニケーションズ(Sennheiser Communications)社は、徹底的に「音」にこだわり続ける2社、ドイツ Sennheiser electronic 社とデンマーク William Demant Holding 社のジョイントベンチャーとして誕生した、夢のビッグカップル・カンパニーです。

Sennheiser electronic 社は60年以上に渡り高性能な電気音響製品を開発し続けているオーディオメーカーです。世界で初めてオープンエアー方式のヘッドホンを発売するなど、いまや高級ヘッドホン/マイクのトップブランドとして揺るぎない地位を築いています。
日本においても「Sennheiser」ブランドのヘッドフォン・マイクロフォンは、プロの要求に応える製品として高い評価を得ています。

一方、William Demant Holding 社は世界的に評価の高いオーティコン補聴器やダナコム業務用ヘッドセット等のメーカーを傘下に持ち、90年以上に渡りマイクロ・エレクトロニクスやマイクロ・メカニクス分野の革新的な技術とノウハウで高性能な超小型コミュニケーション製品を製造販売しています。

高音質サウンドを追求してきた会社と、ヒューマン・コミュニケーション分野を研究し続けて耳への安全性を知り尽くした会社が、それぞれの技術を結集して作り上げたのがゼンハイザーコミュニケーションズのヘッドセット製品です。